Blog ヒロメル

マーケッターが選ぶWordPressテーマ6選【他サイトのテーマの調べ方も】

悩んでいる人
WordPressを使っているマーケッター「企業のブログやオウンドメディアを自分で構築するけど、WordPressのデザインテーマって何を使ったらいいの?」

 

こんにちは、はらだっちです。(@SHaradacchi

こういった疑問に答えます。

 

 本記事の内容
  • マーケティング目線でのオススメWordPressテーマ6選(有料4つ、無料2つ)
  • WordPressテーマを選ぶ時のコツ
  • 他サイトが使っているWordPressテーマを調べる方法

 

この記事を書いている僕は現在、外資系企業のマーケティング責任者として働いています。自分でも販促のためにオウンドメディアをWordPressや他のCMSを用いて、運用していたこともあり、一通りのブログやコンテンツマーケティングの内容を理解しています。

 

マーケティング目線でのオススメWordPressテーマ6選(有料4つ、無料2つ)

下記のいずれかがオススメです。

 

テーマ名 価格(税込み) おすすめ メモ
AFFINGER5 14,800円 ★★★★★ アフィリエイトなどブログで稼ぎたい人向け。カスタマイズ性も高く、企業サイトにも使えます。
THE THOR 16,280円 ★★★★☆ おしゃれなデザイン重視の方はこれがいいです。
STORK19 11,000円 ★★★★☆ モバイルファーストなサイトを作るならこちらです。
SANGO 11,000円 ★★★☆☆ フラットなデザインが好きならばこちら。
Cocoon 無料 ★★★☆☆ 無料でブログ始めたいなら、このテーマがおすすめです。
Stinger 無料 ★★★☆☆ AFFINGER5の作者が作成しています。

 

※こちらで紹介しているテーマの条件

  • レスポンシブ対応
  • SEO内部対策済
  • 有料のものは買い切りのため、1度購入すればその後課金なし

 

ブログに特にオススメの定番テーマ

 

これからブログを始めるならば上記の表の中でも、CocoonかSTORK19が良いです。稼ぎたい目標が強い場合はアフィンガーが良いですね。

 

僕は、Cocoonを使って、その後アフィンガーに乗り換えました。Cocoonも悪くはなかったのですが、デザイン的にどうしても変えたいところがあって・・・。

途中でテーマを変えると修正が大変なので、もし悩んでいる場合は、最初から有料テーマをおすすめします!

 

おしゃれなブログにオススメのテーマ

 

あなたのサイトに来る読者のリテラシーが高い場合はこのテーマを選ぶのがいいと思います。どのテーマでも洗練されたデザインになりますので、お試しください!

 

企業サイトにオススメのテーマ

 

なんだかんだで万能なのがアフィンガーです。アフィリエイトで稼ぐのもそうですが、カスタマイズ性の高さは随一です。

 

WordPressテーマを選ぶ時のコツ

テーマを選ぶときのコツは下記の3つです。

  1. あなたの作りたいデザインに近いか
  2. 検索して調べると情報が多く出てくるか
  3. 日本語での運用の場合、日本のテーマを使う

 

それぞれ解説します。

 

あなたの作りたいデザインに近いか

テーマのデザインが好きかどうかはポイントです。

 

どのテーマを選んでも、機能の面ではどれも性能が高いので、あなたが実現したいデザインができそうか、が選ぶ際の大きな理由です。

 

当サイトは、ミニマルでシンプルなデザインを実現するために、AFFINGER5というテーマを使っています。

ちなみに一番最初はCocoonをテーマとして使っていました。

 

実現したいデザイン、世界観によって選ぶのが良いかと思います。

 

検索して調べると情報が多く出てくるか

調べてみて情報が多く出てくるかもポイントです。

 

プログラムやコードは必要なくサイトデザインを変更できるとはいっても、テーマを設定したり外観をカスタマイズする際には、必ず疑問が出てきます。

 

そのため、検索した時の情報量は選択する上での重要な点です。

僕もこのサイトデザインをする上で、AFFINGER5でかなり調べました。(AFFINGER5は有名なテーマですので解説も多く良かったです。)

 

WordPressテーマは、一旦設定すると変更するのは効率が悪いので、最初から有料テーマを選んでおくのがおすすめです!

 

 

日本語での運用の場合、日本のテーマを使う

海外製のテーマは、どうしてもという強い思いがなければおすすめできません。

 

下記が理由です。

・日本語が美しく表示されるように調整が必要

・使い勝手がかなり違い、日本で見慣れたデザインにするのは難しい

 

ただ、英語で海外向けに発信を考えている場合は、日本製のテーマよりも価格が安く(半額くらいで買えます)、機能も充実しているものも多いです。

 

僕は初めてWordpressでブログを作った際に差別化を意識してGenesis Frameworkという海外テーマを買いましたが、使いこなせなかったです・・・。

海外のテーマだと、日本人的なデザインになっていない場合があります。ロゴは左上、お問い合わせは右上など。なので、出来れば日本人が作ったテーマにがいいです。

 

海外テーマかっこいいんですけどね・・・。

 

注意ポイント

補足なのですが、テーマ選び悩ましいです。でもブログは記事を書いて初めて価値が出てきますので、テーマ選びは1日でさっと済ませましょう。そして記事を書きましょう!

 

他サイトが使っているWordPressテーマを調べる方法

検索の概念図 無料ベクター

以下の3つの方法があります。

  1. 「What WordPress Theme Is That?」を使う
  2. Google拡張機能「WPSNIFFER」を使う
  3. ソースコードから探す

 

それぞれ見ていきましょう。

①「What WordPress Theme Is That?」を使う

WordPressサイトのテーマを調べることができるツールが「What WordPress Theme Is That?」です。

 

What WordPress Theme Is That?

 

こちらの画面中央の検索窓に、調べたいサイトのURLを入力し、検索するとテーマ名を調べることができます。

 

またその対象のサイトの使っているプラグイン情報もわかります。

 

注意ポイント

テーマを調ることができない場合もありますので、その際は次の②や③の方法をお試しください。

 

②Google拡張機能「WPSNIFFER」を使う

Google Chrome(クローム)の拡張機能「WPSNIFFER」を使ってテーマを調べる方法が2つ目です。

 

Google Chromeでを使って、WPSNIFFERを追加します。

WPSNIFFER

 

調べたいサイトに訪問して拡張機能のマークをクリックすると、右上にテーマ名が表示されます。

 

③ソースコードから探す

3つ目の方法は、Webサイトのソースコードを確認して調べる方法です。

 

調べたいWebサイトにアクセスし、右クリックをして「ページのソースを表示」をクリックします。

すると、Webサイトのソースが表示されるので、「Ctrl+F」を押して、「theme」と入力して検索します。

 

「wp-content/themes」の後ろに記載されているのがテーマ名です!

 

まとめ

以上、おすすめのWordPressテーマ6つをご紹介しました。

 

 

WordPressを使ってブログを始める場合は、こちらの記事を参考にしてください!

WordPressを使ったブログの始め方【当サイトの設定も公開】

続きを見る

-Blog, ヒロメル

© 2021 グロスタ -Global Standard-